今日は、普段みなさんが気にして飲まれているお水の量について
お話したいと思います。

お水の量を1日1.5L~2L飲むと良いと言われてますが、
これって結構な量だと思いませんか?

しかしながら、いくら1.5L~2L必要だとしても、
ぞれらを全部飲み水として摂取する必要はないのです。

というのも、普段の食事で摂取できる水分が約750ml、体内で栄養が代謝されるときに
作られる体内水分が約300ml。

これを合計すると約1,050mlが自然に摂取していることになるんですね。

だから、本当に気をつけて飲む水分は約1Lで大丈夫ということなんですねshineshine

1日約1Lの水を飲むようにすれば、理想的な水分バランスがとれた状態になるといえますheart04

 

【体内の水が不足すると・・・】
一般的に体内の水分が不足すると血液がドロドロになるといいます。
ドロドロ血液は血栓ができやすくなり(血管が詰まる)、脳梗塞や心筋梗塞といった重大な病気につながる原因にもなります。

特に人間の体の中で一番水分を欲している臓器は『脳』です。
脳が働いてこそ人間は存在しています。

体に必要な栄養素を運んだり、実際に体を動かす指令をだしているのも全て脳なのです。
俗にいう、「脱水症状」という のは「脳の障害」とも言え、
体に必要な水分調節が正常にできなくなった、脳の働きが狂ってしまった、ともいえるのです。

 

みなさん、意識して水分を取るように心がけましょうhappy01punch