メイクをするときに色の力関係を知っておくと、アイシャドウや口紅の失敗がないですよ☆

色選びのポイントをご紹介しますね(´∀`)

メイクをするときの色選びのポイント
まずは、カラーチャートを理解します。

 

メイクをするときに、このカラーチャートを覚えておくと便利なんです(´∀`)

いきなり全部覚えるのは難しいので、まずが自分がよく使う色がどうなのか
見てみてください(●^o^●)

レッド、ブルー、イエローがプライマリーカラーと呼ばれる3原色
グリーン、オレンジ、バイオレットがプライマリーカラーの補色でセカンダリーカラー

補色と言うのはカラーチャートで見て、反対側の色のことです☆

この補色の関係にある色を使うと、お互いが主張して打ち消す力がでてくるんです。

補色を上手に使うことがポイント!

カラーチャートの補色を使いこなせれば、メイクの腕が格段に上がりますよ~☆

例えば・・・

黄みの肌のくすみを飛ばすのは、紫色のメイク下地を使う
肌の赤みを消すには、グリーンのコントロールカラーを使う

初心者は類似色を使って初めてみましょう!

補色は、適量を使わないと肌色カバーではなく、かえってくすんでしまうので、注意を。
初心者の人は

黄みの肌が気になるなら、赤みのある色を使ってカラーを補正をすると◎
顔色が悪い人は赤いチークではなく、ピンクっぽい色のチークを使いましょう

類似色を使って口紅のアイラインやアイシャドウをまとめると、とてもなじみのよい、上品な仕上がりになりますよ(´∀`)

ベースカラーの選び方
イエローかブルーを見極める

肌色を大きく2つに分けると、「青みがかったピンクに見える肌」・「黄みが強い肌」の2タイプに分けられます。

きっと、私は「黄みが強い肌」になりますね( ´∀`)bグッ!

自分のベースカラーを見極め、髪や洋服、メイクで使う色を選ぶと、顔色が明るくなったり調和がとれるようになります(´∀`)

ベースカラーのセルフチェック方法

自然光の下で、手首の静脈の色を見ます。

血管の色が青色に見える人→青み系
血管の色が緑色に見える人→黄み系

 

になります。
手首の内側はあまり日焼けしていないので、本来肌の色を通して血管が見えます。
蛍光灯ではきちんとした色がでませんので、自然光の下で行ってくださいね(´∀`)
判断が難しい場合は、ほかの人と手首を並べて比べてみると( ´∀`)bグッ!