こんにちわ~sun

あきな美容整体院ですheart01

今日は、紫外線対策についてお話しますhappy02bell

紫外線対策の食事について
動物性動物性タンパク質は摂った方がいい?

健康でいるためには、
食事はきちんと毎日3色バランス良くとることが基本です。

外食が多い方は、どうしても好きなものしか食べないから
栄養が偏るので、注意してくださいね。

ここで、ポイント!

紫外線に負けない肌をつくるには、
ミネラルとタンパク質をとることが重要なんですupup
女性に多いダイエット、まず考えるのが食事制限ですよね?
食事制限のため野菜ばかり食べてると、確かに体重は減るかもしれません。
でも、そんな状態を続けてお肉類を食べないでいると、肌に張りがなくなってきます。

まずは、ダイエットするにも健康的な身体になることが一番なので、
しっかりと動物性たんぱく質、または脂肪もとっていきましょう。

ただ、霜降り肉などはだめですよsweat01sweat01
血液が酸性に傾いてしまいます。
アルカリ性食品とか酸性食品とかありますが、
血液はアルカリ性に傾かせた方がいいんですね。
酸性に傾くとどうなるかというと血流が悪くなります。
いい状態の肌をキープするには、血行をよくすることが大事なんですね。
あとはカルシウムをとることもオススメですhappy02

また、女性は美白になりたいと思っている方がいっぱいいます。
私もその一人ですsad
美白には柑橘系のもの、ビタミンCを多くとった方がいいですgoodgood
βカロチンも大事です。
βカロチンは、にんじんとかほうれんそうなどの緑黄色野菜に含まれています。
ただし、糖分は控えめにしましょうhappy01

アルカリ性食品
弱アルカリ性・・・じゃがい、・キャベツ、アスパラガス、茸類、南京、豆腐、りんご、バナナ、もも
強アルカリ性・・・牛乳、トマト、胡瓜、セロリ、ニンジン、大根、ほうれん草、こんにゃく

酸性食品
弱酸性・・・ハム、バター、鶏卵、鯛、エビ、蛸、川魚、蕎麦、マカロニ、チョコレート、油揚、ネギ
強酸性・・・牛肉、豚肉、牡蛎、チーズ、米、麦、清酒、落花生、ソーセージ、糖、ビスケット、白砂糖

コチラを参考に紫外線に負けない強いお肌作りをしていきましょうshineshine

健康的に痩せたいと思ってるなら、当店の耳つぼダイエットがオススメですよheart04